日本酒-広島県の日本酒

広島県の日本酒

藤井酒造

藤井酒造は、文久三年(江戸末期)創業。以来当時のままの蔵で酒造り一筋で現在に至る蔵元です。酒造りで最も大事といわれる「蒸し」は機械を使わず、昔ながらのこしきで時間を掛けて蒸します。こだわりをもって人の手をかけている全量純米蔵です。「龍勢」は「第一回全国清酒品評会」(明治40年秋)で日本一の名誉に輝き、軟水醸造を確立。広島酒の名声を全国に知らしめるきっかけを作りました。現在は平成六年より蔵元の弟である藤井雅夫氏が杜氏を務め、伝統的な醸造技術に学びながら素晴らしいお酒を造り続けています。
http://www.fujiishuzou.com/

商品名 龍勢 和みの辛口 純米 アルコール度 16度
日本酒度 +8 酸度 1.8 精米歩合 65 原料米 八反錦
価格 1800ml 2,500円(税別) 商品コード:2585
720ml 1,250円(税別) 商品コード:2586
冷やで飲むとあっさり辛口。熱燗でもOKの幅広い温度で楽しめるお酒です。
商品名 龍勢 特別純米 夜の帝王 アルコール度 15度
日本酒度 +2 酸度   精米歩合 60 原料米 -
価格 1800ml 2,272円(税別) 商品コード:2565
720ml 1,136円(税別) 商品コード:2566
2007年IWCで最高賞を受賞。米の旨味を最大限に引き出した濃醇な純米酒です。
商品名 龍勢 特別純米 極上燗上がり アルコール度 16.5度
日本酒度 +3 酸度 1.8 精米歩合 60 原料米 -
価格 720ml 1,227円(税別) 商品コード:2564)
 
 
商品名 宝寿 上撰本醸造 1800 アルコール度 15~16度
日本酒度 +8 酸度   精米歩合 60 原料米 八反錦他
価格 1800ml 1,835円(税別) 商品コード:2502
 
 

天寶一

天寶一は年間約700石の小さな酒蔵です。「天寶一」の由来は「天地の唯一の宝」という意味から今に伝えられています。五代目蔵元の「村上康久氏」も統括製造部長として酒造りに携わり、高田杜氏を中心に平均年齢20代後半という若い力で酒造りをしています。「日本酒は和食を最大限生かす名脇役」をモットーに酒が主張するのではなく和食と融合し、酒・食ともに良さを生かせる酒を目指しています。酵母の選択も食の妨げにならないものを使用しているため、全体的に香り控えめできれいな味わいの辛口酒となっています。
http://www.tenpo1.co.jp/

商品名 天寶一 千本錦 純米酒 アルコール度 15.8度
日本酒度 +3 酸度 1.5 精米歩合 60 原料米 千本錦
価格 1800ml 2,500円(税別) 商品コード:1502
720ml 1,250円(税別) 商品コード:1503
しっかりとした酸があり、味わいに厚みを感じます。
商品名 天寶一 八反錦 特別純米酒 アルコール度 15.8度
日本酒度 +4 酸度 1.6 精米歩合 60 原料米 八反錦
価格 1800ml 2,300円(税別) 商品コード:1500
720ml 1,150円(税別) 商品コード:1501
香り穏やかで軽快な飲み口。食中酒として幅広く楽しめます。