酒粕

『酒粕』は貴重品?

酒粕 年を追うごとに入手が困難になっている「酒粕」。理由は日本酒の生産量の減少と大手清酒メーカーの「融米造り」にあります。「融米造り」とは主に大手の清酒メーカーのお酒の造り方で、酒粕の出ない(ほとんどのお米を溶かしてしまう)醸造法です。
これにより清酒の生産量の多い大手メーカーから出る酒粕の量が減ってしまい、必然的に酒粕の品不足が起きています。
さらにテレビ番組で酒粕の健康効果が紹介されたこともあり、ここ数年、入手困難な状況が続いています。
当店ではお取引きしている蔵元さんより吟醸酒や大吟醸酒などの良質な酒粕を優先的に確保させて頂いておりますが、酒粕の仕入れは酒造りが行われる冬季(11~3月頃)のみであるため、春~秋にかけては完売が予想されます。
酒粕は冷凍保存が可能ですので、お早めにお求め頂くことをおすすめ致します。

『酒粕』驚きの健康効果

◆酒粕で期待できる健康効果として…
酒粕には悪玉(LDL)コレステロールをやっつけて、善玉(HDL)コレステロールを増やし、総コレステロール値を下げるという願ってもない作用があります。
血圧を下げる作用や血栓を溶かす作用もありますので、心筋梗塞、動脈硬化の予防にも役立ちます。その他、美肌効果でお肌もつるつる、お通じも良くなるとか…。しかも、ビタミンB群やアミノ酸など栄養やうまみの宝庫。
これだけ栄養素に富んだ食品を「かす」と呼ぶのは申し訳ないですね…。